写真技術 愛ある仕事の結果

 

 

写真技術  愛ある仕事の結果

 

 

何回も言ってますが、写真は光なので愛です。実は僕のオリジナルというより、荒木経惟さんからの多大な影響から始まったのですが、実際90年代以降、ほぼ全てのフォトグラファーは彼に続き、現代のweb全盛時代に置いてもblogでスナップ写真を発表するというDNAを辿れば最終的には彼に行き着くのです。

 

 

 

で、学生時代の荒木さんとの記念写真、右は僕ですが(大汗)左に写っているのが、中村和孝くん。なんでここで中村くんなのかといえば、彼もまた愛の溢れる撮影技法で有名なフォトグラファーだからです。

 

柴崎コウ〜藤井リナ〜平子理沙まで愛のあるタレント写真集や女性誌表紙といえば彼ほど評価の高いフォトグラファーはいません。

(事実何人もの人々から彼の現場対応を絶賛する声をよく耳にします)

 

 

 

先日の講義でも紹介した今、絶頂に売れっ子モデルの真山景子さんですが彼女もまた、愛のある仕事っぷりで現場での評価が高くキャリアの長いモデルさんですし、この写真の撮影時にヘアメイクをお願いした豊福浩一さんも男性アイドルグループの愛あるヘアメイクとしてファンの間で揺るぎない評価を得ておられる方で、ジュニアくん達がこぞって街中でそのヘアメイクの真似をしまくってたりします。

 

こうやって客観的に見てみると、皆さん共通して愛ある仕事が評価され、長く続くコツになっているんですね。

 

つまり愛ある仕事しか残んないという事実。

 

 

一見派手に見られがちな世界ではありますが、現場というのは常に地道な努力と愛の積み重ねであります。

 

なので皆さんもどうか愛を持って仕事に取り組み、是非イイものを残してくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

次回、手代木先生のデザイン講座より光と色の理論を、転載いたしますので、是非ご一読ください。